行う人が増えている断食

断食を行う人が増えている

健康な身体を作るために、断食やプチ断食をする人が増えています。 人間の胃は過食などで常に食べ物を消化していると、胃の負担が大きくなり、活動が弱まってしまうことがあります。 胃の働きを活性化するためにも、胃の働きを休めることが必要です。 しかし、急に断食を行うのは非常に危険です。 人間の身体は食べ物を体内に取り入れることによって、栄養分を摂り入れ生命を維持していくことができます。 断食はそれと逆行する形ですので、体調を見ながら少しずつ行うようにしましょう。 プチ断食は1食分だけ食事を抜いたり、半日食事を行わないことで、断食に近い効果を得ることができます。 持病がある人はまずは専門医に相談の上、断食を行うようにしましょう。

無理のない範囲で行う

断食は道場のような場所で合宿形式で行う方法もありますが、自宅で個人で行うこともできます。 植物を育てる時、水をあげ過ぎると、かえって成長が遅れてしまい、上手く育たないことがあります。 しかし、土が乾いてきてから水をあげると、その反動で植物は一気に元気になります。 少し足りないくらいを経験することによって、細胞が活性化して、成長していくようです。 これは人間の身体にも同じようなことが言えます。 普段から腹八分目の食事を心がけ、胃の負担を少なくすることが大切です。 さらに健康のためにも、少し物足りなくくらいで止めておくほうがよいでしょう。 断食は週末などに行い、日常業務に支障のない範囲で行うようにしましょう。 断食後の食事は少しずつ始めるようにします。 今まで味わったことのない食事を美味しさを実感することができるでしょう。